「機密文書の安全な処理方法」「従業員セキュリティ教育のヒント」「業務効率化対策」3つのテーマでご案内しております。

機密文書廃棄等の情報漏洩事故

  • HOME »
  • 機密文書廃棄等の情報漏洩事故

溶解処理などの事故事例

機密文書を運搬することによりリスクを抱えることになります。「×××に任せておけば大丈夫」という考えは非常に危険な考えです。以下に一部ではありますが、機密文書を運搬したことにより発生した事故をご紹介致します。

2016年1月8日 広島県養護施設にて/運搬のリスク

『児童254人情報一時紛失』
広島県の養護施設 入所理由など記載

 

広島県は10日家庭の事情から児童養護施設などに入所している、1~18歳の児童ら254人分の氏名などが記載された書類が一時紛失し、その後見つかった。云々

 

日本経済新聞より

 

《画像クリックで拡大》

 

2015年3月16日 山形県寒河江市にて/運搬のリスク

16日午後、山形県寒河江市で、走行中のトラックから教員の給与明細などを含む大量の書類が路上に散乱した。
16日午後3時15分ごろ、寒河江市の県道で、大量の書類が散乱していると警察に通報があった。書類は、走行中のトラックの荷台から路上に落下して散らばったもので、中には、公立学校の教員の給与明細もあり、金額や名前などの個人情報が記載されていた。
山形県の村山教育事務所によると、当時、トラックの荷台には合わせて約480キロ分の書類があり、その半分近くが路上に散乱した。
これらの書類は、廃棄するため清掃工場に運搬中だったということで、運転していた職員が操作を誤って荷台を動かしてしまい、路上に落下した。散乱した書類はすべて回収されたという。  日テレnews24より

2016年8月4日 大阪府箕面市にて/運搬のリスク

《画像クリックで拡大》
廃棄されたはずの個人情報が路上で拾われる。産経ニュースより

 

2017年10月25日 静岡県にて/運搬のリスク

『NHK、視聴者情報紛失』

廃棄委託の2992世帯分帳票

NHKは24日視聴者んの名前や住所など個人情報が記載された2992世帯分の受信料の帳票3031枚を紛失したと発表した。

詳しくは記事をご覧ください。 日本経済新聞より

《画像クリックで拡大》

2017年6月7日 新潟県長岡市にて/運搬のリスク

『株式会社パロマ』

弊社修理委託先の不注意による個人情報に関するお詫びとお知らせ

6月5日 9:30ごろに新潟県長岡市において、弊社修理委託先が、廃棄の為社用車にて運搬中であった、お客様の修理受付内容を記載した「出張修理受付伝票(以下略伝票)を社用車から一部落下させてしまいました。

株式会社パロマ プレスリリースより

《画像クリックで拡大》

静岡県静岡市にて/業者選択のリスク??

病院名など、個人情報丸見え・・・病院のカルテ大量廃棄静岡市

病名など個人情報が丸見えになっていました。

14日、静岡市清水区の古紙回収ボックスで病院のカルテが大量に廃棄されているのが見つかりました。カルテには患者の名前や住所、病名などの個人情報が記載されていました。多くは1960年代のもので、記載されていた静岡市内の診療所は、関係者によりますと、5年前に廃院したということです。カルテが捨てられていた古紙回収ボックスは市内の業者が設置しているもので、24時間、誰でも自由に捨てることができます。静岡市の保健所がカルテを回収し、捨てられた経緯などを調べています。  テレ朝newsより

この他の事故事例

この他、30件近い事故事例をまとめております。
ご希望の方はこちらよりご請求頂ければお送りさせて頂きます。
(題名に「情報漏洩事故事例希望」と記載下さい)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-749-5170 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

無料トライアル
定期処理コース スポット処理コース 出張型ハードディスクデータ消去業務 セミナーイベント
個人情報保護士
機密文書廃棄等の情報漏洩事故 持込型シュレッダー処理
ご利用の流れ お問合せ・無料見積
メルマガ登録・解除  セキュリティに関する情報やセミナー情報をメールマガジンにてお伝えしております。こちらより登録・解除の手続きを受付ております。

PAGETOP