「機密文書の安全な処理方法」「従業員セキュリティ教育のヒント」「働き方改革支援」3つのテーマでご案内しております。

大阪市における機密文書の廃棄方法|焼却場対策

  • HOME »
  • 大阪市における機密文書の廃棄方法|焼却場対策

リサイクル中心の世の中へシフト

ご存じですか?大阪市では平成25年10月より資源化可能な紙類の焼却工場への搬入が禁止されます。シュレッダー屑までもが持ち込み不可に…

大阪市では、平成25年10月1日より、機密文書を含むリサイクル可能な紙類の処分ができなくなりました。 新聞:雑誌・段ボール、シュレッダー屑までもが持ち込み不可となりました。 対策はお済みでしょうか?

詳しくは大阪市環境局のWEBサイトをご覧ください。

平成24年の年末に下記内容入りの封書が届きませんでたか?

※画像はクリックで拡大します。

平成24年12月下旬に、弊社のお客様数名より「来年から大阪市で紙が焼けなくなるらしいけど知ってますか?」 このようなお問合せを頂きました。 大阪市環境局の方に教えて頂くと、お客様からの問合せと同時期に上記の資料及び案内文が市内事業所約15万件に送付されたとのことでした。 大阪府下ではすでに吹田市と豊中市・摂津市等がこの取組みをされていますが、大阪市ほどの大きな市がこれをするとなると大変なことになると思われます。

搬入禁止対象と非対象の一覧

※画像はクリックで拡大します。

《搬入禁止対象となるもの》

新聞・雑誌・段ボール・紙パック・OA紙、それに加え、「シュレッダー紙」まで対象となっています。 その他の紙で、包装紙・お菓子やティッシュの紙箱・メモ用紙・ハガキ・封筒・紙袋・名刺など title0022~ 余談 ~ シュレッダー屑は基本的には細かすぎて繊維が残らない為にリサイクルには向かない紙類となっております。 しかし昨今は、製紙会社の機械も高性能になり、リサイクル不可能な紙類が若干混ざっても品質の良い紙が造れるようになりました。よって、段ボールなどの紙と一緒にシュレッダー屑を引き取る古紙問屋さんも今では普通になりましたが、大阪市全てのシュレッダー屑が古紙問屋さんにまわった時にどうなるか・・・・ との考え方も一方ではあります。

《搬入禁止対象とならないもの》

アルミコーティングやワックス加工、油や匂いのついた紙類。(段ボール・紙パックでもこの類は×) 感熱紙・圧着ハガキ・写真・防水加工された紙(カップめんやアイスクリームの容器)・カーボン紙・粘着剤が付着した紙など・・・・ 要は、加工された紙類の大半は焼却場での処理が可能となるようです。

詳しい内容は大阪市環境局のHPにて案内されております。ご確認下さい。 弊社でもご案内可能です。必要な方は下記までご連絡下さい。

TEL.072-749-5170

または teramoto@alivio-inc.jp

お問合せフォームからでも結構です。

111

平成17年4月施行の個人情報保護法。 この法律の施行で一気に機密に対する考え方が変わり、 オフィスシュレッダーがどの会社にもあるようになりました。 しかし、一方で機密廃棄に時間を取られ、本来の仕事の邪魔をするような事例もあります。

もし、お客様の現状がこのようであれば、是非とも「出張シュレッダー」をご検討下さい。日常機密の処理コースから保管文書などのスポット処理コースまでございます。お気軽にお問合せ下さい。

■ 大阪市環境局ホームページの業者一覧に弊社は掲載されております ■

大阪市環境局WEBサイトをご覧いただくと、機密文書処理を業務としている業者一覧がPDFでご覧いただけます。 弊社も掲載いただいております。 一覧は大阪市が推奨をする業者ということではないのですが、大阪市環境局さんのご好意で各社の掲載がされています。 「溶解処理の業者」「出張シュレッダーの業者」の大きく分けて2種類の業者に分類できると思います。

弊社サービスを、まず動画でご確認ください

詳しいサービス内容について

詳しいサービス内容についてはこちらからご確認下さい。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-749-5170 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

機密文書廃棄等の情報漏洩事故 セミナーイベント
個人情報保護士
無料トライアル
定期処理コース スポット処理コース 持込型シュレッダー処理
ご利用の流れ お問合せ・無料見積
メルマガ登録・解除 ”アリビオイズム”と題して日々現場や営業でおこる「環境」と「セキュリティ」に関する悩みや、取組みのヒントになるような事柄を毎月1回の予定で配信しております。

PAGETOP