導入のメリット

出張シュレッダー&リサイクルサービスで
環境・セキュリティ・手間の問題が一挙に解決!

出張シュレッダー&リサイクルサービスの導入メリットはお客様の声をご覧いただければ少しはご理解いただけるとは思いますが、
大きく言えば「環境」「セキュリティ」「業務効率UP」「廃棄証明の発行」、この4つです。
この他にこのサービスの特徴なども含めて下記にご案内致します。
更に、このサービスの良さをご理解いただけると思っています。

今までの機密文書の処理方法

主な処理方法

1.オフィスシュレッダー利用

機密処理には適しているが、紙が細かく裁断されすぎ、紙の繊維が残らずリサイクルが不可能。 又手間がかかり、余分な労働となります。

2.裁断せず、処理業者へ委託(溶解また焼却)

裁断せずに業者さんに渡すため業者任せとなり、機密処理の質を落として、リサイクル重視の処理方法。この方法は運搬中や処理工場での一時保管のリスクがあります。新聞等でこの手の事故が報じられております。

機密重視であれば環境が・・環境重視であれば機密が・・
どちらの方法も何がしかの問題を抱えています・・

ではもう少し掘り下げて・・・
オフィスシュレッダーの何が問題なの??

そうですよね? リサイクルできないだけならシュレッダーでもいいのでは・・・ そう思いますよね?
しかし色々な問題があるのです。

1.シュレッダーをかけるのが面倒くさい!

平成17年4月施行の個人情報保護法の関係で、今まで時間がある時でよかったシュレッダー作業が日々の仕事として社内でも義務付けられてしまっている・・・

2.シュレッダーの袋交換。交換したら掃除!

ランプが付いていたらシュレッダーから離れてしまったりしませんか?? 袋を交換すると必ずシュレッダーくずがこぼれて掃除が発生します。面倒の上塗りですよね?

3.シュレッダー機の寿命が・・・・

先に申し上げた平成17年4月の法に施行に伴い、オフィスシュレッダーの在庫が無くなるくらいに売れました。あれから5年強・・・ 昨年くらいからオフィスシュレッダーが壊れて、「買い換える費用を考えると出張シュレッダーの方が安いから」との理由から契約をされるお客様もあります。それなりのシュレッダーですと50万円ほどします。リースで約1万円/月の費用。台数があると大変な費用になります。

ではもう少し掘り下げて・・・
裁断せず処理業者へ委託(溶解処理また焼却) リサイクル重視の処理方法と言えると思いますが、
この方法も問題点が・・・

データの漏洩はほとんどが内部からの持ち出しですよね? では文書 は??

もちろん内部の人間の社外持ち出しもありますが、多くは運搬道中の事故のようです。
立会いをすれば少なくても半日、だいたい1日かかってしまうことが多いようです。そうなると人件費が・・・

立会いしなければ一時保管されてしまうことも多いようで、
対象文書を預けた後はいつ処理されたかも全て業者任せになります。心配ですよね?

実際に保管場所での紛失も事故として発生した実績もあります。

また焼却については・・・・
“紙類は焼却場から締出し!” こんな自治体も・・・・

焼却場に持込まれた機密文書や、処理の問合せを市役所に電話をすることがあると思いますが、
CO2削減から事業系の紙類が持込み不可能になっている自治体も出てきています。

なぜ出張シュレッダーが有効なのか?

環境問題への取り組み

CO2削減で、ISO14001を認証取得する企業が激増。取得してなくても環境破壊への不安は誰しもが感じていると思います。

機密に関しての取り扱い

平成17年4月1日より「個人情報保護法」が民間企業に完全施行されました。排出事業者は処理委託業者の監督責任が必要にもなります。今までの様な業者任せの処理では、もし万が一の場合は法で罰せられるようにもなります。

シュレッダー作業の手間の解消(業務効率UP)

シュレッダー作業は企業活動としてお金を生む活動ではないと思います。しかし、せざるを得ない。最悪それで残業が発生するなどの問題もあるようです。任せれる業者ならアウトソーシングした方がよっぽどコスト安になる。そんな考えもあります。

出張シュレッダー&リサイクルサービスですべて解決!!

今までの処理方法は“環境”・“セキュリティ”・“手間の問題”、全てをクリアする処理方法はありませんでした。
出張シュレッダー&リサイクルサービスはその全てをクリアできる方法だから有効なのです。
(導入メリットとなります。)

お問合せ

マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ