「機密文書の安全な処理方法」「従業員セキュリティ教育のヒント」「業務効率化対策」3つのテーマでご案内しております。

スポット処理コース

  • HOME »
  • スポット処理コース

文書廃棄の『リスク』がなくなりました。

全てお客様の目の前で処理致します

保管文書の廃棄で最初に頭に浮かぶ方法が『溶解処理』ではないでしょうか。
しかし、この溶解処理にはリスクがあり、「運搬道中の散乱・紛失」など最近は新聞記事にも取り上げられるようになりました。(こちらより溶解処理のトラブルをご確認ください)

弊社が溶解処理を行わない理由

弊社は溶解処理を行うこともできます。過去に何度も溶解処理の依頼を頂きましたが、運搬道中に100%の責任を負えない為にお断りをして参りました。また、知識や意識の欠如から情報漏洩を起こす場面も目の当たりにしてきました。確実な情報の廃棄をゴールと考え逆算してどの方法がそれを実現できるか。その考えから選択した方法が弊社が行っている方法なのです。

『出張型シュレッダー処理サービス』はリスクのない処理方法

大型シュレッダー搭載の専用車でお客様のもとへお伺いし、目の前で全ての機密廃棄を行います。当然お客様はそのすべてをご確認頂けます。処理後の裁断くずはリサイクル致します。

お客様は処理の全てをご確認頂けます。

弊社がこの方法をお勧めする理由

溶解処理は機密が生きた状態で持帰る為にリスクが発生しますが、この方法は全ての機密廃棄をお客様の事業所内またはそれに充当する場所で行います。従ってリスクが無い方法と言えるのです。紙切れ一枚無くなっても大騒ぎになる時代、情報漏洩発生時の解決費用を考えると、この方法が最も有効な方法と言えるでしょう。

料金体系

料金体系は『基本料金』+『追加料金』+『付帯サービス料金』
この組合せとなります。(基本料金には300㎏までの処理料金が含まれます。)

スポット処理コースは基本料金(300kgまで) 20,000円、追加処理料金(1kg当り) 60円/kg

最近段ボール2.3箱程度の少量のお問合せも多く頂いております。
上記の他、少量のお客様の場合には別途ご案内もさせて頂いております。気軽にお問合せ下さい。

【重量の目安】

みかん箱より少し大きいサイズのダンボールを日ごろ使うことが多いと思いますが、
そのダンボール1箱で約20kgほどとお考え下さい。300kgの場合は約15箱程度相当となります。

付帯サービス料金
お客様の保管状況、搬出状況、距離によって下記の別途料金を申し受けます。
分別料金 ファイルその他、禁忌品が混入されている場合 20円/kg(税別)
搬出料金 作業場所までの搬出が発生する場合 10円/kg(税別)
出張交通費 有料道路を利用する又は遠距離の場合別途ご案内となります。

 

出張交通費は名神吹田を拠点とした最寄ICまでの通行料相当額が目安となります。
遠方の場合通行料+αが発生する場合もあります。

無料トライアルコース

どんな処理かわからない

そんな方の為にアリビオでは少量の無料トライアルをご提供しております。以下のバナーよりご確認頂き、お申込み下さい。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-749-5170 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

無料トライアル
定期処理コース スポット処理コース 出張型ハードディスクデータ消去業務 セミナーイベント
個人情報保護士
機密文書廃棄等の情報漏洩事故 持込型シュレッダー処理
ご利用の流れ お問合せ・無料見積
メルマガ登録・解除  セキュリティに関する情報やセミナー情報をメールマガジンにてお伝えしております。こちらより登録・解除の手続きを受付ております。

PAGETOP