委託先にてメール誤送信、アドレスが流出する (出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/06/01 ブログ, 新着情報 by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の約70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密漏洩の可能性をかなり下げれるという事ではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことをしなければ問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

“ 情報漏洩は発生しない ” このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆委託先にてメール誤送信、アドレスが流出する
――――――――――――――――――――――――――――
『委託先にてメール誤送信、アドレスが流出する-愛知県』

インド愛知デスクにて運営業務受託者である、松田綜合
法律事務所が、インドに進出している県内企業担当者等
85名に対してのニュースレターをメールで一斉送信し
た際に、松田綜合法律事務所担当者が、誤って送信先企業
担当者等のメールアドレスが表示される形で送信してしま
った。

愛知県HP より

↓ 詳しくは ↓
http://bit.ly/1O411n4

※リンク切れご容赦下さい。

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
本日は「委託先でのメールの誤送信」
を取上げました。

あっちこっちで誤送信は発生しており、
一向になくならない情報漏洩の一つです。

Outlookなどのメーラーを使って
アドレスをBCCで送るはずが、
TOで送ってしまった・・・と言うのが原因です。

それに加えて今回は業務委託先がそれを
行ってしまった。というダブルパンチ。

法律事務所ですから特に具合が悪いと
思われます。

業務を委託する側は、その業務の進め方、
セキュリティ関係は特にチェックが必要
な事例です。

「いくら会社がセキュリティに関して力を
いれていても、社員まで伝わらない。」

非常によくある事です。
(私自身本当に困った思い出があります。)

委託される側は、
「社員教育の必要性」と、「仕組みづくり」
(一斉配信専用の仕組みを使わないと
この問題はいつまでたっても無くなりません。)

双方が必要な事例でした。

 

◆機密文書を”確実”に廃棄処理したい方は◆

出張型『”機密書類”破棄サービス』のアリビオ!!
↓ まずはこちらをクリック頂き動画をご覧ください ↓
top_img201512



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ