保険証番号流出問題 (出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/06/02 ブログ, 新着情報 by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の約70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密漏洩の可能性をかなり下げれるという事ではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことをしなければ問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

“ 情報漏洩は発生しない ” このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆保険証番号流出問題 - 厚労省
――――――――――――――――――――――――――――
『保険証番号流出問題 1.8万人に変更通知』

健康保険証の番号など約10万人分の個人情報の
リストが流出した問題で、このうち36都道府県の
1万8470人分の番号が現在も使用されていることが、
1日までの厚生労働省の調査で判明した。

日本経済新聞より

↓ 詳しくは ↓
http://bit.ly/24jA1Sn

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
本日は「保険証番号の流出問題」
を取上げました。

まずこの記事を読んだ時に

「自身の保険証はどうなんやろう?」

そう思いました。記事を読むと、

該当者には通知をした上で
要望があれば番号変更を認める。

このように記載されているので、
私が該当者なら後日連絡があるのでしょう。

しかし、現在1.8万人もの番号がそのまま
なので、何か起こるかもしれないですね。

流出元が医療機関だけしか分かっていないのも不安です。
今後同じような流出を否定できないですもんね。

 

◆機密文書を”確実”に廃棄処理したい方は◆

出張型『”機密書類”破棄サービス』のアリビオ!!
↓ まずはこちらをクリック頂き動画をご覧ください ↓
top_img201512



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ