24人分の市民情報リスト一時紛失、大阪・箕面 (出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/10/18 ブログ, 新着情報, 運搬のリスク by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の60~70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密情報漏洩の可能性をかなり下げる事ができるのではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことが無くなれば問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆24人分の市民情報リスト一時紛失、大阪・箕面
――――――――――――――――――――――――――――
大阪府箕面市は4日、市民24人分の個人情報が記載された
内部資料を一時紛失したと発表した。情報の流出や悪用は確認
されていない。
市によると、民生委員の担当地区ごとに住民の名前や住所、
生年月日などを記載した平成27年度版リスト(約5700枚、
13万5千人分)の一部。路上に1枚落ちているのを拾ったとの
匿名の電話が1日あり、3日に実物が市に郵送された。
廃棄処分するため7月25日にトラックで運ぶ途中、荷台から風
で飛ばされたとみられる。

産経ウエストより

↓ 詳しくはこちら ↓
http://www.sankei.com/west/news/160804/wst1608040050-n1.html

※リンク切れご容赦下さい。

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
本日は「24人分の市民情報リスト一時紛失、大阪・箕面」を取上げました。

この事例は全く持って私の業務範囲の
情報漏洩事例です。

やはり、あちこちでこの様な事例は発生しています。

以前にもこちらのブログでお話したのですが
→ https://alivio-inc.jp/news/964.html

文書廃棄で一番安全な方法を取るべきと、
こういう事例を見る度に思います。

皆さんにも是非、考えてみて頂けたらと思います。

 

◆機密文書を”確実”に廃棄処理したい方は◆

出張型『”機密書類”破棄サービス』のアリビオ!!
↓ まずはこちらをクリック頂き動画をご覧ください ↓
top_img201512

【10/20開催】
確実な「個人情報」や「社内情報」の処理実現のための『勉強会』
(上記内容をより詳しくご案内致します。)
↓ こちらよりご確認を ↓
https://alivio-inc.jp/news/929.html



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ