「公務員が情報セキュリティ対策を怠れば懲戒処分」、人事院が初めて明記 (出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/10/24 その他, ブログ, 新着情報 by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の60~70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密情報漏洩の可能性をかなり下げる事ができるのではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことが無くなれば問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆「公務員が情報セキュリティ対策を怠れば懲戒処分」、人事院が初めて明記
――――――――――――――――――――――――――――
人事院は2016年9月30日、懲戒処分の指針を改正し、
中央省庁に通知した。サイバー攻撃の脅威が高まっていることを踏まえ、
情報セキュリティ対策を怠って情報漏洩を起こした場合の懲戒処分を追加した。
今後、各省庁が職員を処分する際の指針として活用される。

日経BPより

↓ 詳しくはこちら ↓
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/100302877/

※リンク切れご容赦下さい。

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
本日は「「公務員が情報セキュリティ対策を怠れば懲戒処分」、人事院が初めて明記」
を取上げました。

この2回ほど公務員の情報漏洩事象に対し、
懲戒処分がなされたお話をさせた頂きましたが、
根本の考え方は本日の記事にあるのかもしれません。

今までは「故意」の場合は処分があったが、
今回より、「故意」であったかは問題ではなく、
言われたことを実施せず、または不注意で、
情報漏洩を発生させた場合は処分対象とのことのようです。

業種別で公務員の情報漏洩が
近年1位になっているデータがあります。

“ 他人事ではないんですよ ”

というメッセージなのかもしれないです。

 

◆機密文書を”確実”に廃棄処理したい方は◆

出張型『”機密書類”破棄サービス』のアリビオ!!
↓ まずはこちらをクリック頂き動画をご覧ください ↓
top_img201512

【11/17(木)勉強会(セミナー)を開催致します】
失敗してからでは遅い!個人情報や営業秘密の廃棄に、『絶対必要な知識』(紙媒体編)
↓ こちらよりご確認を ↓
https://alivio-inc.jp/news/1032.html



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ