学生など1466人分 個人情報が流出 関西学院大学(出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/10/28 その他, ブログ, 新着情報 by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の60~70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密情報漏洩の可能性をかなり下げる事ができるのではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことが無くなれば問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆学生など1466人分 個人情報が流出 関西学院大学
――――――――――――――――――――――――――――
関西学院大学(兵庫県西宮市)は8日までに、インターネット
での他人のIDをだまし取る「フィッシングサイト」に職員が
アクセスし、大学院理工学研究科の現役学生や過去に
在籍した学生1466人分の名前や住所、携帯電話番号
など個人情報が流出したと発表した。情報の悪用は確認
されていないとしている。

日本経済新聞より
↓ 詳しくはこちら ↓
https://alivio-inc.jp/wp/wp-content/uploads/20161008_kanseigakuindaigaku.pdf

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
本日は「学生など1466人分 個人情報が流出 関西学院大学」
を取上げました。

業務中にフィッシングサイトにアクセスし、
IDとパスを入力 ⇒ そのパスでアクセスされて流出

勤務時間内に業務と関係のないサイトにアクセス。
正直、誰にでもあるようにも思います。

大企業はモニタリングで監視をされているでしょうが、
中小企業はほぼそんなことはないでしょう。

ということは、今回の事例も誰にでも、どんな会社でも、
発生する可能性があるということですよね。

他人事に思われている情報漏洩ですが、
よく見ると、ほとんどどんな会社でも起こるような
可能性があるものばかり・・・

他人事と思わない事が

『最大の情報漏洩対策』 かもしれないですね。

 

【11/17(木)勉強会(セミナー)を開催致します】
失敗してからでは遅い!個人情報や営業秘密の廃棄に、『絶対必要な知識』(紙媒体編)
↓ こちらよりご確認を ↓
https://alivio-inc.jp/news/1032.html

 

◆機密文書を”確実”に廃棄処理したい方は◆

出張型『”機密書類”破棄サービス』のアリビオ!!
↓ まずはこちらをクリック頂き動画をご覧ください ↓
top_img201512



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ