アリビオ主催セミナーのご案内

弊社では中小企業様を中心に情報漏洩対策となるコンテンツを、
少しでも企業のリスクが軽減するように勉強会形式にてお伝えしております。

11/14(水) 無料開催

~情報漏洩発生時の損害額が事前に解る!

大規模個人情報漏洩事件の『原因調査員』が解説

これだけで大丈夫!”情報漏洩損失額の事前算定”のポイント

 

講師:ヒューマインド

代表 乙守栄一 氏

(CISA・CISM・CRISC・ISMS審査員補他)

 

株式会社アリビオの寺元です。

10/24開催とほぼ同じ内容のセミナーを11/14にも開催致します。

今回も、先日日本経済新聞でも記事になっておりました

「情報漏洩事故発生時の損失額、事前算定」

につき、外部講師の先生をお呼びし詳しくご説明を頂く内容を企画致しました。

情報漏洩対策と言っても、

どれくらいの損害が自社にもたらされるのか

分からないままでは具体的な対策にはならないはず。

実際、日経新聞の記事を読むと

「災害リスクなどほかの経営リスクと比べて、どの程度対策に力をいれるべきかが判断できない」

その結果、対策への投資額が小さくなる。

このような調査結果もあるようです。

今回はヒューマインド代表の乙守栄一氏を講師に招き、

この問題を解説頂きます。

乙守様は野村総合研究所のご出身で、

過去に某大手企業の大規模情報漏洩事件発生時

その原因の調査に入られた経験の持ち主で

平成26年にヒューマインドを立ち上げられ、

製造業、金融業、自治体、教育機関などへのセキュリティコンサルティング実績を

多数お持ちの方です。

 

第二部では私寺元が、最近新聞でも記事になるようになりました

『溶解処理における運搬道中の散乱事故』

これに対し発注側はどのようなリスクがあり、

どのような対策をすべきかの6つのポイントをご案内させて頂きます。

 

是非ご参加頂き、今後のリスク対策につなげて下さい。

 

■開催概要■

日 時11月14日(水) 13:00~14:50
場 所グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル7階
ナレッジサロン内プロジェクトルーム
定 員先着20名様

 

■カリキュラム■

大規模個人情報漏洩事件の『原因調査員』が解説

これだけで大丈夫!”情報漏洩損失額の事前算定” のポイント

講師:ヒューマインド 代表 乙守栄一 氏

 

  • 情報セキュリティ事故事例
  • 情報セキュリティ対策の意味するところ
  • 漏洩の起きるポイント
  • 隠ぺいすると
  • 事故発生時の損害査定
  • まとめ

などを予定(若干内容が変更する場合もございます。)

■講師紹介■

乙守栄一

ヒューマインド 代表

CISA・CISM・CRISC・ISMS審査員補他

プロフィール

平成8年野村総合研究所入社。損害保険のシステム開発を担当。平成14年NRIセキュアテクノロジーズ㈱出向。セキュリティネットワーク運用、セキュリティソフト開発、セキュリティコンサルティングに従事。平成20年㈱野村総合研究所に戻り、ITコンサルティングに携わる。平成26年ヒューマインド設立。製造業、金融、自治体、教育 関係へのコンサル支援実績多数。

■お申込み■

以下URLよりお申込み用紙をご出力頂き、必要事項ご記入の上、FAXにてお申し込み下さい。

https://alivio-inc.jp/wp/wp-content/uploads/181114_songaigakujizensanntei_ver.1.0.pdf