個人情報3億人分保有 名簿業者の実態調査 (出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/05/24 ブログ, 新着情報 by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の約70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密漏洩の可能性をかなり下げれるという事ではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことをしなければ問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

“ 情報漏洩は発生しない ” このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆名簿業者の実態調査
――――――――――――――――――――――――――――
『個人情報3億人分保有』

消費者庁は2日までに、「名簿屋」と呼ばれる
名簿販売業者の初の実態調査結果を公表した。
取扱う個人情報は主に冊子と電子データの形式
で、最大延べ3億人分の電子データを保有する
業者もいた。

日本経済新聞より

↓ 詳しくは ↓
http://bit.ly/22mCVqe

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
本日は「名簿業者の実態調査」を取上げました。

一か月以上前の記事にはなるのですが、
気になった記事を紹介します。

この数にびっくりしませんか?
日本の総人口の2.5倍の総数です。

ダブっていたり、ご存命でない方も入るのでしょうが、
これだけの個人情報が売買対象になっているのです。

以前に同窓会名簿を大量にシュレッダー処理した
お話をしましたが、記事にもあるように相当数の
冊子もあるのでしょう。

自身の知らないところで自分の情報を保有されている
というのは気持ちの悪いものですね。

 

 

◆機密文書を”確実”に廃棄処理したい方は◆
         
出張型『”機密書類”破棄サービス』のアリビオ!!
↓ まずはこちらをクリック頂き動画をご覧ください ↓
top_img201512



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ