裏紙が引き起こす情報漏洩の可能性 (出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/05/13 ブログ, 新着情報 by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の約70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密漏洩の可能性をかなり下げれるという事ではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことをしなければ問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

“ 情報漏洩は発生しない ” このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆裏紙が引き起こす情報漏洩の可能性
――――――――――――――――――――――――――――
『職員会議資料に記載された退学者氏名等の個人情報が
複数のSNSに流出』

大阪府の高校にて職員会議で配布した資料に記載されていた、
転・退学者の個人情報がSNSに流出。4/6部活の練習を終え
た生徒が、まだ発表されていない今年度の担任について話をし
ていることを顧問の教員が気づき、事情を聴いたところ、SNSに
4/1の職員会議で配布された資料の一部を写した画像が投稿
されているということであった。このためSNSを確認したところ、
生徒の発言通りであることがわかった。その資料に転・退学者の
個人情報も記載されていた。
原因は教員が印刷物を印刷機から取り出す際、全て取り出したか
の確認を怠ったこと及び別の教員が印刷物の内容を確認せずに
生徒に渡したこと。

大阪府HPより

↓ 詳しくは ↓
http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=23756 

※リンク切れご容赦下さい。

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
本日は「裏紙が引き起こす情報漏洩の可能性」です。

上記リンクをご覧頂けましたか?

このような結果はどこのオフィスでも起こりうること
ではないでしょうか?
今回は一般的な裏紙利用とは少し違いますが、日常的
に会議資料を印刷機を使って両面印刷をしている以上、
また発生する可能性は残ります。

環境を考えれば裏紙利用は”正解”ですが、セキュリティ
面を考えれば”不正解”になってしまいます。

過去から数回この“裏紙”に関してはお話するほどの
問題が発生していることからも、理解して頂けると思
います。

もし、あなた(あなたの会社)が裏紙を利用している場合、
一度考えてみて下さい。



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ