顧客情報漏洩で地裁判決 (出張型『“機密書類”破棄サービス』のアリビオ)

2016/07/21 ブログ, 悪意のある漏洩, 新着情報 by teramoto


~ブログ管理者より~

情報漏洩の約70%が紙ベース。
また一方で、情報漏洩の約80%が管理ミスなどの内部要因。
要は、『紙ベースの情報』 を 『キッチリ管理』 することにより
機密情報漏洩の可能性をかなり下げる事ができるのではないでしょうか??

このブログでは情報漏洩の事例を紹介することにより、
『事例のようなことをしなければ問題が起きない』 という事に
観点を持ってもらえたら・・・

このような思いでお伝えしています。

――――――――――――――――――――――――――――
◆知多信金元職員に実刑
――――――――――――――――――――――――――――
知多信用金庫(愛知県半田市)の顧客情報を
詐欺グループに漏らしたとして、不正競争
防止法違反(営業秘密侵害)罪に問われた
元同信用金庫職員、坪内友梨被告(33)の
判決公判が19日、名古屋地裁で開かれた。

日本経済新聞より

↓ 詳しくは ↓
https://alivio-inc.jp/wp/wp-content/uploads/2016.7.19-hanketsu.pdf

――――――――――――――――――――――――――――
◆ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。アリビオの寺元です。
久しぶりのブログ更新です。
本日は「顧客情報漏洩で地裁判決」
を取上げました。

以前にもエディオンの元社員が
転職先の上新電機に情報を持ち込んで
逮捕、起訴されたお話を紹介しましたが、
今回はもっと悪質ですね。

詐欺容疑逮捕された交際相手に情報を売って、
報酬を得ていたようです。
ということは、詐欺被害にあわれた方がいると言う事ですよね。

情報漏洩は他人事。
「情報が漏洩したって実被害はないもんね。」

という意見も耳にしますが、
こういった事件に使われる可能性もあります。

何よりも、知多信用金庫の信用問題ですよね。
「あそこにお金預けたら、情報が漏れるかも・・」
少なからずそういう人はいるでしょう。

企業活動にあきらかに大きなマイナスです。

 

◆機密文書を”確実”に廃棄処理したい方は◆

出張型『”機密書類”破棄サービス』のアリビオ!!
↓ まずはこちらをクリック頂き動画をご覧ください ↓
top_img201512



タグ: 

コメントは受け付けていません。


マイナンバーや営業秘密の廃棄処理|大阪府吹田市・箕面市 |機密文書・重要書類の破棄処分なら出張型シュレッダー処理のアリビオ